ご挨拶

 
会長:榎本隆之
第29回日本婦人科がん検診学会総会・学術講演会を、2021年2月20日(土)、21日(日)の2日間、新潟市の新潟グランドホテルで開催させて頂くことになり、大変光栄に存じます。今回の学術講演会のテーマは、「婦人科がん検診の近未来像」といたしました。

子宮頸がん検診は、昭和58年(1983年)の老人保健法施行以来、各自治体での対策型検診の1つとして行われていますが、ご存知の通りその受診率は低迷しております。さらにその手法として、従来の細胞診検診に加えHPV単独/併用検診等新たな選択肢が登場していますが、本邦におけるその取り扱いは未だコンセンサスが得られていない状況です。また、検診と両輪をなすはずのHPVワクチンについては、接種の積極的勧奨の差し控えからもうすぐ7年が経過する中、2019年11月に日本産科婦人科学会が積極的勧奨再開に関する要望書を内閣官房長官・厚生労働事務次官に提出したところで、今後の動きが注目されます。今後ダイナミックに変化していくであろうHPV検診・HPVワクチンについて議論する必要がある一方、従来からの細胞診の有用性は疑いようのないものであり、細胞診に関わる医師や検査士の教育・精度管理には継続して取り組む必要があります。2019年6月には、まさに本会が「子宮頸部細胞採取の手引き」を刊行したところです。今回の学術集会では、HPV検診/ワクチンについてだけでなく、この細胞採取の手引きに関する解説も含めた、包括的な子宮頸がん検診に対する議論をしたいと思います。

また、近年がん遺伝子パネル検査が本邦で保険適応を取得しました。それにより、いわゆる二次的所見として予期せぬ生殖細胞系列遺伝子変異が発見されることがあり、遺伝子の種類によっては有効なサーベイランス、すなわち「遺伝性腫瘍の早期発見に向けておこなう積極的ながん検診」が考慮される場合もあります。早期発見や予防が可能な遺伝性腫瘍に対しては適切なサーベイランスに関する情報提供を行う必要があり、臨床医は発見された二次的所見に対する適切な「がん検診」について把握しておく必要があります。現在研究が進んでいる、新しい検診手法であるリキッドバイオプシーの話題も踏まえ、ゲノム医療・precision medicineの浸透によって新たに需要が増えてくるであろう「近未来のがん検診」について考えたいと思います。

情報交換会では、新潟の銘酒、美味しい食べ物を取り揃えまして、参加していただいた先生方を心からおもてなししたいと考えています。皆さまのご参加をお待ちしております。

Page
Top